本文へスキップ

市川市八幡4丁目の石橋歯科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.047-334-4174

〒272-0021 千葉県市川市八幡4-4-13

歯周病の治療


歯肉炎

歯肉に多少炎症症状がみられますが、自覚症状はほとんどありません。ていねいなブラッシングで回復します




p1 (初期の歯周病)
歯肉の炎症がやや強くなり、歯槽骨(歯の植立している骨)の退縮が始まっています。よりていねいなブラッシングと歯石除去を行ってゆきます。

P2 (中等度の歯周病
歯肉は赤くはれ上がり、ブヨブヨとした感じで出血や、口臭が出てきます。歯槽骨も歯根の半分ぐらいまで退縮し、歯の動揺が見られます。歯と歯肉の間の隙間(歯周ポケット)が、より深くなり、歯肉を剥離してポケットの底部までの歯面に付着した歯石を十分除去。時には炎症を起こした歯肉部を切除することもあります。また動揺が強い時は、数本の歯を連続結紮し、動揺を抑えます。

P3 (重度の歯周病)
 歯根尖近くまで歯槽骨が退縮し、歯の動揺も大きく、歯肉は化膿し抜歯の適応となります。




 歯周病の治療は、患者さんが自ら歯ブラシ・歯間ブラシ・糸ヨージを使って 歯の歯垢除去(プラークコントロール)と歯科医が行う歯石除去が基本です。


写真に見られるように、歯肉の炎症状態は、かなり改善されます。




歯周病は歯が1本歯周病ということはありません。1口腔単位で見る必要があります。もちろん部位により進行している所とそうでない所はあります。したがって重度の歯周病では、3~4本抜歯せざるを得ない場合もまれにあります。そこまで進まないうちに早目の処置が必要です。

IsibasiDentalClinic石橋歯科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-13
TEL 047-334-4174
FAX 047-334-4174

スマートフォン版コチラ